徒然日記NAVI

気になることは何でも書いちゃいます。
MENU

なぜ、楽譜も読めないサックス初心者の67歳男性が、突然サックスを吹けたのか?

サックス初心者のための特別な楽譜

 

音楽経験ゼロの67歳の男性が、楽しすぎて夢中になった 驚きのサックスレッスンとは? 「楽譜が読めないと楽器なんてムリ」 そんな常識はもう過去の話です。 毎日忙しくて、教室にわざわざ通う時間はない。 でも、いつかサックスを吹いてみたい! もしあなたがそう思っているなら、 ぜひこの続きをご覧ください。きっとお役に立てていただけることでしょう。

 

サックスのシブい音色は、とても魅力的に感じますよね。また、サックスは吹く姿もかっこいい楽器です。 そんなサックスを自分でも奏でることができたら、どんなに気持ちがいいでしょう。 ただ、サックスを吹いてみたい!という気持ちはあっても、なかなか挑戦できない、という方は多いです。 確かに、大人が1からサックスを始めるのは大変ですよね。

 

楽譜が本当に読めるようになるのだろうか・・・
肺活量が無くてもできるかな・・・
指はちゃんと動くだろうか・・・

 

大人だからこそ、たくさんの不安があると思います。 でも逆に、それらの不安さえ解消できれば、楽しくサックスを吹けるようになるかも! そう思いませんか?

 

実は、サックス初心者の67歳男性が面白いほど夢中になったサックスレッスンがすごいです。⇒サックス初心者のための特別な楽譜。大人でも楽しくサックスをはじめられる理由。それは、一番の不安である、「楽譜を覚える」という作業をいっさいやらなくていいから。じつは、このレッスンで使う楽譜には初心者でも見てすぐ読める。『特別な工夫』があります。

 

確かに楽譜の記号は、初心者からみると、チンプンカンプンです。 ですが、その楽譜に小学生でも知っている「あるもの」を足せば、案外アッサリ読めるようになります。レッスンで使う「楽譜」を今すぐご覧ください。あなたも「これなら読める!」ときっと感じることでしょう。

 

しかも、それだけではありません。このサックスレッスンの講師の先生もすごいです。年間150以上のライブをこなすプロサックス奏者でありながら、多くの生徒さんを抱えるサックス教室の先生としても活躍する、【吉野 ミユキ】先生です。

 

プロの本格的なレッスンを、なんと自宅にいながらDVDで、好きな時間に好きなだけ受けられるのです。つまり、家事の合間や、食事の後など、ちょっとした時間にあなたのペースに合わせて、何度でも繰り返し学ぶことができます。あなたも驚くほど楽しく、どんどんサックスが吹けるようになることでしょう。

 

想像してみてください。
キラッと輝くサックスを抱えて、気持よく演奏しているあなたの姿を。もちろん、大好きな曲にもどんどん挑戦できるようになることでしょう。すでに実践された方からは、「どうして、もっと早く挑戦しなかったんだろう!」そんな後悔の声も上がっています。憧れのサックスが、一生の趣味になれば、きっと最高だと思います。

 

あなたも今すぐ憧れのサックス奏者に仲間入りしませんか?

» 続きを読む

群馬県の草津温泉がアジア都市景観賞を受賞

草津温泉の日帰りランキング

 

草津町湯畑広場を中心とした温泉街の街なみが、アジアの都市の優れた景観やほちづくりを表彰すアジア都市景観賞を受賞しまた。温泉情緒を感じさせる湯畑周辺の再整備などが高く評価された。草津町によると、県内の受賞は初めてとのこと。

 

同賞は、アジアと太平洋地区の都市化や居住に関する問題に取り組む国連ハビタット福岡本部(福岡市)などが2010年に創設。「安全・安心で、快適」「地域の町並みや生活様式などとの調和」「芸術性」などが評価される。

 

今回は8か国から53件の応募があり、6か国の13件が受賞した。草津町は、11年度から湯畑周辺の整備に力を入れてきた。日帰り温泉施設「御座之湯」や、観光客が湯上がりに休憩できる「湯路広場」などを設けたほか、湯もみ体験が可能な観光施設「熱乃湯」を建て替えた。電柱の地中化も進めた。

 

主催団体の一つ「福岡アジア都市研究所」によると、@失われた風情を取り戻すため、官民共同で100年先を見据えたまちづくりを行っているA観光客が増えで町が活性化し、町民が誇りを持てるほちづくりを行っている などが評価された。

 

町は「町民と一緒に進めてきたまちづくりが評価されてうれしい。今後も見所を増やして、アピールしていきたい」としている。

 

古くから湯治の場として多くの人が訪れた名湯の草津温泉。じつは日帰りでも温泉が楽しめる旅館もあります⇒草津温泉 日帰り ランキングで人気の高い旅館でのんびり日帰りで温泉を楽しんでみませんか?

» 続きを読む

熱海の人気旅館に宿泊して思う存分遊びつくそう

熱海温泉の宿泊旅館

 

伊豆半島の東の玄関口にある日本有数の温泉地・江戸城の御汲み湯として献上された名湯が湧き、交通の発展が著しい明治以降は、東京の奥座敷として栄えた市内には源頼朝ゆかりの神社や芸妓さんの華麗な舞を見る歌舞練習所、リゾート色いっぱいの海岸沿いなど新旧の観光名所が点在する。

 

熱海はこう回ろう

 

その1 徒歩で回るなら此方

熱海の名は、海から温泉が湧いたことから付いた名だという。その昔ながらの湯の街の風情を楽しむなら歩きで回るのが一番。市内は整備された坂道が多く、細い横道に入ればまた違った温泉街の一面を見ることができる。

 

 

その2 湯遊バスを上手に使おう

お宮の松や、起雲閣、走り湯など、熱海市内の名所を中心に循環しているバスで、これを利用すれば効率よく、しかも経済的に観光名所を回れる。車内には名所にまつわる話を聞かせてくれる観光ボランティアのガイドが付き、旅の手助けにもなる, MOA美術館・伊豆山神社方面行き、錦ヶ浦・梅園方面行きは、いずれもおよそ30分に1本程度。

 

 

熱海で良い旅館を探すには?

 

海岸沿いから山の中腹にかけて佇んでいる老舗旅館やホテルなどいろいろなタイプが混在している熱海温泉。お好みの旅館(ホテル)を見つけて熱海温泉を遊びつくそう。人気の旅館なら⇒熱海の旅館ランキングでおすすめ旅館を選びましょう。熱海は海岸沿いと山に接している温泉だけあって、山海の美味しい食べ物も期待大です。舌鼓を打ち、温泉に浸かれば、日頃の疲れもどこかに行ってしまいそうですね。

» 続きを読む

伊香保温泉の旅館に宿泊して石段街をぞろぞろ歩き

伊香保温泉の旅館ランキング

 

榛名山の北東山腹、標高800mの高所に温泉街を形成する伊香保温泉は、昔から上州の名湯として人々に親しまれてきました。上毛かるたにも「伊香保温泉日本の名湯」と詠まれています。現在は石段街を中心に、大小の旅館や飲食店、みやげ物店、遊技場などが所狭しと立ち並び、何とも言えない独特な温泉情緒を漂わせています。

 

名湯、伊香保温泉の開湯は古く、今も源泉にその名を留める「黄金の湯」は、6世紀に湧出したと言われています。『万葉集』や『続日本後紀』などにも伊香保の名が見られる。

 

伊香保温泉のシンボルになっている石段の起源も古く、戦国時代後期に小間口を設けたのが原型。戦国武将として有名な武田信玄の息子である武田勝頼が、負傷した武士のために、真田氏に命じて造営させたという。大河ドラマでも取り上げられた真田家ですね。

 

明治から大正にかけては東京に近い避暑地として脚光を浴びることになった伊香保温泉。多くの文人や著名人が訪れたことで、一般に広く紹介されるようになりました。なかでも徳富蘆花の小説『不如帰』は、伊香保を舞台にしており、その影響力は絶大。この時代の文人墨客ゆかりの宿に泊まったり、関連施設を訪れるのが、伊香保の魅力のひとつといえるでしょう。

 

伊香保の源泉「黄金の湯」の泉質は硫酸塩泉。正式にはカルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉という。湧出時は無色透明だが、鉄分が多いため、空気に触れると茶褐色に変わるのが特徴。神経痛や関節痛、疲労回復などの一般的な効能に加え、動脈硬化症や慢性皮膚病などにも効くといわれる。また、「黄金の湯」のほかに、単純泉(メタケイ酸含有)の「白銀の湯」を使う宿もある。そんな伊香保温泉を楽しむなら⇒伊香保温泉の旅館ランキング

» 続きを読む

iPagerank

このページの先頭へ