徒然日記NAVI

気になる温泉地や観光地について
MENU

群馬県の草津温泉がアジア都市景観賞を受賞

草津町湯畑広場を中心とした温泉街の街なみが、アジアの都市の優れた景観やほちづくりを表彰すアジア都市景観賞を受賞しまた。温泉情緒を感じさせる湯畑周辺の再整備などが高く評価された。草津町によると、県内の受賞は初めてとのこと。同賞は、アジアと太平洋地区の都市化や居住に関する問題に取り組む国連ハビタット福岡本部(福岡市)などが2010年に創設。「安全・安心で、快適」「地域の町並みや生活様式などとの調和」「芸術性」などが評価される。今回は8か国から53件の応募があり、6か国の13件が受賞した。草津町は、11年度から湯畑周辺の整備に力を入れてきた。日帰り温泉施設「御座之湯」や、観光客が湯上がりに休憩できる...

» 続きを読む

熱海の人気旅館に宿泊して思う存分遊びつくそう

伊豆半島の東の玄関口にある日本有数の温泉地・江戸城の御汲み湯として献上された名湯が湧き、交通の発展が著しい明治以降は、東京の奥座敷として栄えた市内には源頼朝ゆかりの神社や芸妓さんの華麗な舞を見る歌舞練習所、リゾート色いっぱいの海岸沿いなど新旧の観光名所が点在する。熱海はこう回ろうその1 徒歩で回るなら此方熱海の名は、海から温泉が湧いたことから付いた名だという。その昔ながらの湯の街の風情を楽しむなら歩きで回るのが一番。市内は整備された坂道が多く、細い横道に入ればまた違った温泉街の一面を見ることができる。その2 湯遊バスを上手に使おうお宮の松や、起雲閣、走り湯など、熱海市内の名所を中心に循環し...

» 続きを読む

伊香保温泉の旅館に宿泊して石段街をぞろぞろ歩き

榛名山の北東山腹、標高800mの高所に温泉街を形成する伊香保温泉は、昔から上州の名湯として人々に親しまれてきました。上毛かるたにも「伊香保温泉日本の名湯」と詠まれています。現在は石段街を中心に、大小の旅館や飲食店、みやげ物店、遊技場などが所狭しと立ち並び、何とも言えない独特な温泉情緒を漂わせています。名湯、伊香保温泉の開湯は古く、今も源泉にその名を留める「黄金の湯」は、6世紀に湧出したと言われています。『万葉集』や『続日本後紀』などにも伊香保の名が見られる。伊香保温泉のシンボルになっている石段の起源も古く、戦国時代後期に小間口を設けたのが原型。戦国武将として有名な武田信玄の息子である武田勝頼が...

» 続きを読む

このページの先頭へ